おいしい沖縄「ポーク玉子パパイヤイリチー」

おいしい沖縄「ポーク玉子パパイヤイリチー」

沖縄ファミリーマートが現在実施している沖縄の食文化をテーマにした「おいしい沖縄フェア」の関連商品「ポーク玉子パパイヤイリチー」を食べてみました。

 「ポーク玉子パパイヤイリチー」

沖縄の言葉で “イリチー” は “炒め” ということです。炒め物を指す “イリチャー” などの言葉もあります。

“チャ” が “炒” ってことです。“チャンプルー” は “炒める” といことで、ゴーヤーチャンプルーはゴーヤ(苦瓜)を炒める、ということになります。

そしてポーク玉子。これも沖縄ではポピュラーな食べ物です。

この場合の “ポーク” はスパムを指します。スパムポークを玉子でとじたり、(甘くない)卵焼きにスパムを入れたりなど、単に卵とスパムポークを合わせた家庭料理です。

「ポーク玉子パパイヤイリチー」は、そんなパパイヤイリチーとポーク玉子を海苔のご飯でサンドした、和風だけど洋風っぽい食べ物です。

実食

「ポーク玉子パパイヤイリチー」は一応おむすび枠なのですが、見た目はこんな感じでおむすびっぽくはありません。

ちなみに食べる前にコンビニのレンジで温めてもらいました。

スパム、玉子、そしてパパイヤ。パパイヤと聞くとフルーツを思い浮かべる方も多いかと思いますが、沖縄では熟れていない青いパパイヤが野菜の “青パパイヤ” として売られています。

時には空き地に自生したりもするので、結構その辺で普通に見かけますよ。そんな “青パパイヤ”、炒め物にしたりお浸しにしたりと、沖縄ではいろいろな料理に使われるんですよ。

そしてこれが売れて黄色くなると、フルーツのパパイヤとなります。

「ポーク玉子パパイヤイリチー」は “青パパイヤ” の炒め物が入っています。

が、実際食べていてもこれがパパイヤだとはわかりません。元々淡白な味なので。

「ポーク玉子パパイヤイリチー」見れば入っていることはわかりますが、言われずに食べていても気づかないでしょう。

そして気になる実際の味は、激旨です。スパムのしょっぱさを玉子が包みこみ、そしてそれをお米が包んでくれています。

スパムは元々塩気の多い食べ物ですが、「ポーク玉子パパイヤイリチー」では淡白な玉子とお米がミックスされて、よりスパムの味が際立つ感じ。

「ポーク玉子パパイヤイリチー」自体も大き目なので女性はこれ一個でお腹いっぱいになるかもしれませんね。

いや美味しかった。ごちそうさまでした。

商品情報

商品名
ポーク玉子パパイヤイリチー
値段
213 円(税抜き)
どこで購入できる?
ファミリーマート
カテゴリー
おむすび
カロリー
358kcal
炭水化物
45.4g
アレルギー品目
乳、小麦、ごま、そば、大豆、豚肉、ゼラチン
製造元
みなと食品沖縄
販売期間
不明

「ポーク玉子パパイヤイリチー」はファミリーマートのおにぎりコーナーで売っています。普通のおにぎりの 1 個半分くらいの大きさでボリュームもあるので、食べごたえもありますよ。

見かけたら是非買って食べてみてくださいね。